ミクロの決死圏

ミクロの決死圏

1966年制作のアメリカ映画です。

アメリカでは、物質の縮小技術を研究していたのだが、縮小できる時間は60分が限界で、それを越えると元に戻ってしまう問題があった。
そこで、この縮小時間を制御する技術を開発した科学者を亡命させることになるのだが、護送中に敵側の襲撃を受け、その科学者は脳内出血を起こし、意識不明の重体に陥ってしまう。
そして、科学者の命を救うために、医療チームを乗せた潜航艇を縮小して体内に注入し、脳を内部から治療するという方法を決行するのだった。

 

かなり古い映画です。
作品中に登場する車の車種からも時代がよくわかります。
冒頭のテロップを読むとまだ月へ行く前の時代のようです。

子供の頃に何度か観た覚えがありますが、あらためて観ても、とてもよくできた映画だと思います。

作戦本部や潜航艇の造りは、現代の映画とは比べようもない簡素なものですが、人間を縮小して体内から治療するという発想が素晴らしいですね。
その後、この物語に似た映画がいくつか公開されましたが、それらの作品の元祖と言えるでしょう。

「人間は宇宙の中心なり。」という台詞がありますが、注射器で体内に注入される潜航艇から見える風景は、赤血球や白血球を思わせる球体が渦巻いており、まさにその台詞どうりのみごとな映像表現です。

また、血管、心臓、肺臓、耳管など人体のいろいろな臓器の中を進んでいく潜航艇の様子は、まさに冒険映画のようなスリル、緊迫感があります。

45年も前の映画ですが、現代の映画にも劣らない優れた作品です。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発