お姉チャンバラ THE MOVIE

お姉チャンバラ THE MOVIE

2008年公開の日本映画です。

タムソフト制作、D3パブリッシャー発売のゲームソフトのシリーズを映画化したものです。

舞台は近未来、人体蘇生の研究中に生み出されたゾンビが世界中にはびこっていた。
暗殺剣の使い手・彩(乙黒えり)は、ゾンビを倒しながら妹の咲(中村知世)を探していた。
ある日、彩がゾンビと戦っているとき、同じく銃でゾンビを倒しまくるレイコ(橋本愛実)と出会う。
レイコは咲の居所を知っていたが、教えるかわりにゾンビを生み出した張本人・杉田(諏訪太郎)を倒すことを条件に出す。
そして、彩とレイコのゾンビ退治の旅が始まるのだった。

 

彩、レイコ、咲がとてもカッコいいですね。
バイオハザードのミラ・ジョヴォヴィッチを彷彿させます。
(ちょっとホメ過ぎですね。)

彩は、なぜか水着姿にマントを羽織っています。
理由がよくわかりませんが、ストーリーには全くもって関係ありません。
でも、それがまたそこはかとなく良い感じなのです。

彩は一撃で多数のゾンビを倒す必殺技を持っていますが、最初からそれを使えば?と思うのは私だけでしょうか。

ラスト、水着姿の彩とセーラー服姿の咲が互いの剣で戦うシーンが最大の見どころです。
あっと驚くどんでん返しがあります。
(ちなみに咲のセーラー服姿は物語の流れで必然性があると思います。)

まあ、簡単に言えば、可愛い女の子たちが、カッコ良く戦う物語です。
でも、この手の映画は大好きですね。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発