もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

2011年公開の日本映画です。

女子高校生の川島みなみ(前田敦子)は、病気で入院している宮田夕紀(川口春奈)の代わりに程久保高校野球部のマネージャーを引き受ける。
だが、弱小チームで、全くやる気の無い野球部を見た川島みなみは、立派なマネージャーになって、何とかしてこの野球部を甲子園へ連れて行きたいと思うのだった。

みなみは、本屋でマネージャーの本を探すのだが、勘違いした書店の店員から、P.F.ドラッカーの「マネジメント」を勧められ、買ってしまう。
家へ帰ったみなみは、その本が会社の経営に関する本だったと気づくのだが、ドラッカーのマネジメントを野球部にも応用してみようと思いつくのだった。

 

ベストセラーになった岩崎夏海の小説が原作の映画です。
小説の方は読んでいませんが、マネジメントの解説書でもなく、青春ドラマでもなく、中途半端な内容だとか、あまり良い評判ではなかったように思います。

映画の方も期待せずに観てみたのですが、これが結構面白い物語でした。

もちろんドラッカーのマネジメントに関する場面もありますが、あくまで、立派な青春映画として制作されていました。

みなみが最初にマネージャーとして必要な資質「真摯さ」を学ぶ場面は良かったですね。
このシーンのおかげで続きを観てみたいという気持ちになります。

また、ドラッカーのマネジメントに書かれているイノベーションを野球に応用したり、練習方法を工夫して、陸上部や吹奏楽部も交えた相互のレベルアップを図るなど、なかなか面白い展開でした。

AKBの演技は置いておくとして、野球部の監督・加地誠役の大泉洋の演技は、味わいがあって良かったですね。

ラストの場面は、予想どおりで(たぶん映画を観ている誰もが同じ予想をすると思いますが。)、期待を裏切らない結末となっているところも気に入りました。

よくある青春スポーツ映画のラストシーンですが、それでも私はかなり感動しました。

良かったと思います。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発