天空の城ラピュタ

天空の城ラピュタ

1986年公開の日本のアニメーション映画、宮崎駿原作のオリジナルストーリーです。

ある日、飛行中の飛行客船を海賊ドーラ一家が襲撃する。
政府特務機関のムスカ大佐に捕らわれていた少女シータは、この混乱に紛れて、ムスカの懐から青い石のペンダントを取り返し、窓を伝って逃げようとする。
だが、海賊に見つかり、驚いた拍子にシータは客船から転落してしまう。

鉱山で働く少年パズーは、青い光とともに空からゆっくりと降りてきたシータを助け、自宅にかくまうのだが、ドーラ一家やムスカ大佐がシータを捕えようと迫ってくる。

彼らはシータ が持っているペンダントの石「飛行石」を狙っていた。
「飛行石」には空に浮かぶ伝説の城「ラピュタ」の謎が隠されているのだった。

 

口直しに爽やかな映画を観ることにしました。

みなさんご存じのあの「ラピュタ」です。
何度観ても良い映画ですね。
宮崎駿の作品の中でも大好きな物語です。

シータの純粋な心、可愛らしさ、そして勇気が良いですね。
宮崎駿の作品に出てくる女の子は、どの娘も勇気があって活発です。
そこがまた好きな理由のひとつです。

また、シータを守ることで、パズーが一人前に成長していく過程がよく表現されています。

シータとパズーが飛行船の上で一緒に見張りをします。
ラピュタの話をする二人。
でも、内緒の話ですがみんなが聞いています。
大好きな場面です。

最後のシーン、「人は土から離れては生きられないのよ。」とムスカを諭すシータ。
だが、ムスカに追い詰められたシータとパズーは、滅びの呪文「バルス」を唱えます。
名場面ですね。

そしてラストに流れるテーマソング、とても感動的です。

心が洗われるような映画です。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発