自殺サークル

自殺サークル

2002年公開の日本映画です。

新宿駅のプラットホームから54人の女子高生が手を繋いで飛び込み、集団自殺する。
その後、全国各地で同様な自殺事件が起き始める。
事件の捜査に当たる刑事・黒田敏春(石橋凌)は、その原因がインターネット上にあるらしいことを突き止める。
だが、犯人は依然分からず、そして黒田の家族も犠牲になるのだった。

全く理解できない映画でした。
スプラッター色がとても強い映画で、ちょっと引きます。
最後に自殺で恋人を亡くした沢田敦子(宝生舞)だと思いますが、サークルの本拠地を見つけます。
ですが、そこには多数の子供たちがいて、何を訴えているのか、全くもって意味不明でした。
結局、悪趣味なシーンを集めただけの様な映画でした。

グロイシーンが苦手な人は観ない方がいいでしょう。

評価 1

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発