片腕マシンガール

片腕マシンガール

2007年制作の日本映画です。

忍者服部半蔵の子孫だというヤクザの息子、木村翔をリーダーとするいじめグループによって、弟を殺された女子高生の日向アミが復讐に挑む物語。
翔を狙って屋敷に忍び込んだアミだったが、逆に捕まり拷問をうけ左腕を失ってしまう。
アミは同じく翔たちのいじめによって息子を殺された杉原スグル、ミキ夫妻に助けられ、その自動車修理工場で腕にマシンガンを装着してもらう。
そして、アミとミキは木村親子への復讐を果たすべく隠れ家へ向かうのだった。

スプラッター映画です。
結構マニアックなので、好き嫌いが激しい映画だと思います。
物語自体は面白いと思います。
激しい場面がこれでもかというほどたくさん登場しますが、そんなに後には残りません。
これは、どこかコミカルな演出がされているためでしょう。
そのため、スプラッターなのにあまり恐怖感はありません。
他の気持ち悪いだけのスプラッターに比べると良くできた作品だと思います。

主人公アミ役の八代みなせが可愛いらしいです。
やはり、タイトルから考えて可愛い女子校生でないと盛り上がりませんね。

P.S.
DVDには、映画館で上映前に映す「携帯電話禁止」とか・・・の映像、「HOW TO 片腕マシンガール」が入っています。
これも面白いので観てください。

評価 6

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発