エコエコアザラク -WIZARD OF DARKNESS-

エコエコアザラク -WIZARD OF DARKNESS-

1995年公開の日本映画です。
原作は、古賀新一のホラー漫画です。

黒魔術を使う女子高生・黒井ミサ(吉野公佳)がとある高校に転校してくる。
ミサは学級委員の倉橋みずき(菅野美穂)と仲良しになり、校内のことや白井先生(高樹澪)の噂を聞いているとき、突然みずきが苦しみだす。
ミサは、みずきが誰かに呪いをかけられていると考え、その人物を探し出そうとする。

ある日、ミサを含む13人の生徒が白井先生に命じられ、追試を受けることになる。
ところが、いつまでたっても先生が戻って来ないため、生徒たちは家へ帰ろうとするが、なぜか学校の外へ出ることが出来なくなってしまっていた。
そして、生徒たちはひとりづつ不可解な死を遂げていくのだった。

謎の人物は誰なのか、そしてその目的は何なのか?

 

懐かしい物語ですね。
原作の漫画とは多少イメージが違いましたが、なかなか面白いストーリーでした。
謎の人物が誰なのかが最後までわからず、ハラハラします。
グロイ場面も多少ありますが、ちょと抑え気味にしてあると思います。

菅野美穂は若くて、可愛いですね。
彼女は可愛らしい役でも怖ろしい役でも、両方うまく演じられますね。
ホラー系も似合ってますし、とてもいい女優だと思います。
特に「富江」はすごみがあって良かったですね。

この映画、続編があるので、また観てみたいと思います。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発