大奥 男女逆転

大奥 男女逆転

2010年公開の日本映画です。
原作は、よしながふみ の漫画「大奥」です。

江戸時代、男だけが罹る疫病がはやり、男の数が女の4分の1に減ってしまっていた。
そこは、将軍をはじめ幕府の要職には女が就き、城下では男は子種を欲しがる女に体を売って生活するという男女の立場が逆転した世界だった。
江戸城の大奥も例外ではなく、一人の女の将軍に使えるためだけに、3,000人もの男たちが集められていた。

貧乏旗本の青年・水野祐之進(二宮和也)は、身分違いの大問屋の娘・お信(堀北真希)に恋心を抱いていた。
だが、祐之進は彼女のことをあきらめるため、また家計を助けるために大奥への奉公を決心する。
大奥へ上がった祐之進は、大奥総取締の藤波(佐々木蔵之介)に認められ、御中臈の位へと昇進する。
そして、八代将軍徳川吉宗(柴咲コウ)の大奥への初のお渡りを迎えるのだったが・・・。

 

タイトルに興味を持ち観てみました。
奇想天外な設定で、なかなか面白い映画でした。
ただ、ストーリー自体は平凡なので、男女が逆転したことによる面白いエピソード等がもっと多く作品に盛り込んであれば良かったと思います。

柴咲コウの徳川吉宗は、綺麗で、貫禄もあって、とても良かったです。
女性でもやっぱり名君なのですね。

ラストのシーンはもっと大きなどんでん返しでもあるのかと期待したのですが、予想どおりの展開でちょっとがっかりしました。

やはり大奥は女の戦いの物語の方が面白いですね。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発