バイオハザード 2012 クライシス・オブ・ジ・アース

バイオハザード 2012 クライシス・オブ・ジ・アース

2009年制作のアメリカ映画です。

キャルとアイリスのカップルは、森の中でハイキングを楽しんでいた。
ところが、アイリスは付近を散策中に誤って深い穴に落ち、足を怪我してしまう。
キャルはテントを切り裂きロープを作り、アイリスを助けようとする。
その時、空から何かが落ちてきて、その直後、奇妙な黒い霧が漂ってくる。
危険を感じたキャルは、一端、自分も穴の中に逃れて、霧が晴れた頃にアイリスと一緒に穴から脱出する。
だが、そのときから恐ろしい惨劇が始まるのだった・・・。

 

いや~、久々のひどい映画でした。
カッコいいのはタイトルだけですね。

ようは、化学兵器(ウイルス)を積んだ衛星が地球に墜落。
そして森一帯に大量の霧が発生し、感染した人々が狂い始めるというストーリーです。
このウイルスは人間の目から入って脳ミソを食べてしまうみたいです。
そのため、感染者は顔面が崩壊した状態で死んでいます。

もっと、SFっぽく作ればよかったのに、安っぽいホラー映画になってしまっています。
ときどきグロい場面も登場しますが、いかにも手抜きって感じですね。
映画は途中で終わってしまいますが、結局、アイリスも感染してしまったみたいですね。

タイトルに期待しないで観てください。

評価 1

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発