CUBE 2

CUBE 2

2002年制作のカナダ映画です。

前作「CUBE」の第2弾ですが、ストーリーは続きではありません。
心理療法医のケイト(カリ・マチェット)は、気が付くと不思議な立方体の中にいた。
立方体には複数の出入り口があり、隣の立方体へと迷路のように繋がっている。
立方体にはケイトのほかにも数人の男女がいて、彼らはこの不思議な空間からの脱出を試みるのだった。

 

続けて2作目も観てしまいました。

今回は、立方体が白くて明るい部屋でした。
出入り口の扉ですが、手をあてると自動的に開閉するのが気に入りました。
また、四次元空間の立方体で、空間の移動や時間の変化、死んだはずの人がまた現れるなど工夫が凝らされていています。

ラスト近く、出入り口から顔をだして隣の部屋を見てみると、顔を出している自分の後ろ姿が見える場面は良かったですね。

最後の場面では、軍隊か何か、国家レベルの秘密実験のような感じを受けますが、その全貌は依然として謎のままです。

この作品もまあまあですかね。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発