ファイナル・デッドブリッジ

ファイナル・デッドブリッジ

2011年のアメリカ映画、「ファイナル・デスティネーション」シリーズの5作目です。

主人公のサム(ニコラス・ダゴスト)たちは、バスに乗り会社の研修旅行へ出かける。
途中、バスが大きな吊り橋を渡ろうとしていたとき、サムは吊り橋が崩れ落ち、仲間たちが次々と死んでいく予知夢を見る。
危険を感じたサムは、橋が落ちると叫び、恋人のモリー(エマ・ベル)を連れて、バスを飛び出し逃げるのだった。
結局、サムを含めて8人の社員が奇跡的に助かるのだが、生き残った8人には恐ろしい運命が待っていたのだった・・・。

 

大筋の展開は、シリーズの他の作品と同様ですが、今回は自分が死ぬ順番で身代わりに他の人を殺すと自分は助かるという設定でした。

最初の犠牲者の女の子ですが、体操の練習中に落下しただけであれほどの無残な姿になるでしょうか?
普通だったら、せいぜい骨折ぐらいでしょう。

次の中国人マッサージ店でのシーンが笑えます。
予想を超えた結末でしたが、最後のシーンはちょっとそのくらいでは死なないでしょう?という感じです。

視力回復手術の途中で事故に遭う女の子のシーンは、少しグロイですね。
錯乱した女の子が、ガラスを突き破り、ビルから落ちる展開もおかしいです。
人がぶつかったぐらいで、ガラスは割れないでしょう。

工場で起こった事故のシーンは思いがけない結果で驚きました。
また、最後の飛行機のシーンは、よく考えてあったと思います。

ところで、モリー役のエマ・ベルは、「フローズン」にも出演していましたね。
なかなか可愛い女の子ですね。

ということで、突っ込み所が満載の映画です。
シリーズの2作目や3作目と比べて、かなり劣っていると思います。
パワーアップを期待していたので、ちょっと残念でした。
でも、3Dで観ればどうなのでしょうか?

評価 5

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発