ザ・シューター / 極大射程

ザ・シューター / 極大射程

2006年制作のアメリカ映画です。

アクション映画や戦争映画は、結構好きなほうです。
最近といっても5、6年前の映画ですが、お気に入りの映画のひとつです。

戦場で相棒の観測手のドニー・フェンを失ったアメリカ海兵隊の狙撃手、ボブ・リー・スワガーは、軍を除隊し、山奥で隠遁生活を送っていた。
そんなある日、アイザック・ジョンソン大佐が訪ねて来て、大統領の長距離狙撃による暗殺の阻止に協力するように依頼される。
その依頼を引き受けたスワガーだったが、その背後には恐ろしい陰謀が隠されていたのだった。

とにかく、凄腕の狙撃手、スワガーが渋くて、とてもかっこいい映画です。
狙撃の描写がとてもリアルで迫力があります。
冒頭の戦場で崖の上から、遠くの道路を走るトラックやジープを狙撃するシーンは圧倒的です。敵の頭を一発で狙撃する腕は見事です。
そのほかにも、いろいろな場面で狙撃シーンやアクションシーンがあり、全編を通して楽しめる作品です。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発