梟の城

梟の城

1999年公開の日本映画、時代劇です。

織田信長による伊賀忍者の大量虐殺から10年後、山奥で隠遁生活を送る伊賀忍者の生き残り、主人公の葛篭重蔵が豊臣秀吉の暗殺の任務を引き受ける。
そして、重蔵の部下、黒阿弥や木さるらは京の町に潜伏し、秀吉暗殺の機会を狙う。
山を下りた重蔵の前に謎の女、小萩が現れる。
彼女は服部半蔵の部下のくノ一で重蔵の動向を見張る役目を負っていた。
また、伊賀を裏切り、今は前田玄以に仕える風間五平が重蔵たちの前に立ちはだかる。
さらに、甲賀忍者の摩利支天洞玄も玄以に雇われ重蔵抹殺を狙うのだった。

日本映画は時代劇、特に忍者物が好きです。・・・「影の軍団」とか。(笑)
でも、この映画はそんなに派手なアクションはありません。
同じ忍者映画の「SHINOBI」とはちょっと違いますね。・・・こちらも好きですが。
どちらかといえばリアルな描写だったと思います。
忍者の技より、忍者達の心を中心にした映画だと思います。
といっても、この映画でそれが十分に表現されていたかどうかは疑問が残りますが・・・。

後半、重蔵と洞玄が戦う場面が良かったです。
洞玄の術にかかってしまった重蔵ですが、あやういところで、印を切って術を解き、反撃するシーンです。

重蔵が中井貴一という点が気になりますが、慣れればそれなりに観ることができました。
小萩役の鶴田真由と木さる役の葉月里緒奈は色っぽくていいですね。
もっとも、木さるは、あまりストーリーには影響しない役でしたが。

そんなに突っ込まなければ面白く観られると思います。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発