プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔

2006年公開のアメリカ映画です。

最悪の上司のもとで前向きに頑張るアンディの姿を描いた物語。
ジャーナリスト志望の主人公アンディが、ひょんなことから一流ファッション誌「ランウェイ」の編集長ミランダのアシスタントになるが、ミランダは「プラダを着た悪魔」の異名を持つ鬼編集長だった。

最初の頃のアンディは、太っていて、ダサイ服だとみんなにバカにされます。
私は可愛いと感じましたが、ファッションセンスがないのでしょうか。
仕事もファッションも頑張り始めたアンディ、徐々に進歩していく過程がよく表現されています。
ミランダ役のメリル・ストリープも貫禄ある演技を見せています。
彼女は昔からのファンでしたが、でも年を取りましたね。

物語はファッションの話題が中心で進行します。
ファッションに興味がある若い女の子にはうけるかもしれません。
でも、ファッションに興味が無くても、単純にストーリーとしても楽しめます。
アンディの素直で正直な生き方に好感が持てます。

最後の場面、ミランダの誘いを断ったアンディは自分の道を進み始めます。
そして、ミランダも彼女をかげながら応援します。
少し嬉しくなりました。
やっぱり、人は中身が大切なんですね。

とこれで、最後の方のアンディですけど口紅が濃いですね。
確かに綺麗ですけどちょっとケバ目ですね。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: プリティ・プリンセス | Every day is Sunday.

Comments are closed.