八日目の蝉

八日目の蝉

2011年公開の日本映画です。

不倫相手の子供を堕胎したため、子供を産めない体になってしまった野々宮希和子(永作博美)は、不倫相手の生後4か月の赤ちゃんを連れ去り、かおると名付け、自分の子供として育て始める。

希和子は約4年間の逃亡生活の後、逮捕されるのだが、4歳になって初めて実の両親の元に戻ったかおる・秋山恵理菜(井上真央)は、育ての母が誘拐犯であったことを知り、心を閉ざしたまま成長するのだった。

 

永作博美のイメージが良くも悪くも極端に変わってしまいますね。
誘拐直後、逃亡する時の様子と、安定した生活を送れるようになってからの様子とがみごとに演じ分けられていました。

また、数奇な運命を背負い、葛藤しながらも、自分の生き方を見つけようとする恵理菜を井上真央がうまく演じていたと思います。

それから、ルポライター・安藤千草役の小池栄子が思ったよりも良かったです。
恵理菜の不倫相手の岸田(劇団ひとり)は、あんなものですね。

ホテルで泣き出す赤ちゃんに出るはずのないおっぱいをあげようとする和子。
和子の悲しみが伝わりますが、永作博美のおっぱいが見えない。
思いっきり服を脱いで、おっぱいをあげようとしていただけに何か不自然というか、中途半端さを感じました。

また、本当の母親に育てられたことのない恵理菜が妊娠して、「どうやって子供を育てればいいのかわからない。」というセリフが印象的です。

そして、恵理菜の本当の母親が歌えなかった「お星さまの歌」が何なのかが気になるところですが、中盤、その歌の答えがわかるシーンはいい演出でした。

希和子が逮捕された時「その子はまだご飯を食べていません。よろしくお願いします。」と頭をさげる希和子の姿には涙してしまいます。

全般的に少し重い感じの映画です。
それにちょっと時間が長いです。(2時間半超)
でも、最後、恵理菜は自分の生き方を見つけるシーンで、ホッとする気持ちにさせられます。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発